ぽこぶろぐ
アドラー心理学を学ぶママの子育て雑記ブログ
子育て

後天的な発達障害?発達トラウマ障害とはなに?

こんにちは!ぽこです。

今回の記事では、「後天的な発達障害」と呼ばれる「発達トラウマ障害」の概要、それによる発育の問題、原因と予防・治療法について解説します。

公認心理師の知識を活用しながら、教育現場で子どもたちの支援に携わってきた私の経験談も織り交ぜて、なるべくわかりやすく進めていきます。

アルパカ
アルパカ
学校の先生をしている友達が、家庭が不安定なウチの子は発達障害っぽい子が多い気がするって言ってたけど本当かな?
ぽこ
ぽこ
うーん、それはいわゆる「後天的な発達障害」のことじゃないかな

アルパカ
アルパカ
後天的?発達障害に先天的、後天的があるのか?

ぽこ
ぽこ
「後天的な発達障害」っていうのは正しい言い方ではないの。正確には「発達トラウマ障害」と言うのよ
アルパカ
アルパカ
発達トラウマ障害?発達障害とは別なのか?
ぽこ
ぽこ
そうなの。だから治療法や支援の方法も違ってくるわよ

アルパカ
アルパカ
興味深いな。詳しく教えてくれ

ぽこ
ぽこ
了解!最初に結論だけ言っておくと、発達トラウマ障害は、愛着形成の問題なの。だからこの解説で愛着形成の大切さがわかると思うわ
この記事でわかること
  • 後天的な発達障害と言われる発達トラウマ障害を持つ子どもの理解ができる
  • 発達トラウマ障害の予防と治療についてわかる

「後天的な発達障害」と呼ばれる「発達トラウマ障害」の概要と原因

そもそも「発達トラウマ障害」って何なんだ?

0歳から5歳くらいまでの間の育てられ方に反応して起こる、愛着形成の障害

症状が似ていることから、ADHDや自閉症スペクトラム障害といった発達障害と間違えられやすいわ。厳密には発達障害は先天的なものを言うから、「後天的な発達障害」というものはないの

愛着の問題なんだな

そうなの。愛着って心の問題だけのように感じるかもしれないけど、愛着形成って脳の成長にも大きく関わるから、愛着がきちんと結ばれないと、成長すべき脳が未発達になってしまうのよ

えええ!そんなに影響あるのか。愛着大事だな

愛着は脳の育成に必然なのよ

どんな育てられ方をすると、脳は未発達になってしまうんだ?

原因は大きく次の3つね

発達性トラウマ障害の原因
  1. 育児の放棄や、保護者から基礎的な快感や刺激、愛情表現に対するニーズを満たしてもらえなかった(赤ちゃんの呼びかけに反応しない、子どもを全く褒めないなど)
  2. 保護者が何度も変わって、安定した愛着関係を築く機会があまりなかった(里親が何度も変わったなど)
  3. 特定の保護者と愛着を結べる機会があまりなかった環境で育てられた(子どもの数に対して保育者が少ない養護施設など)

見る限り、普通に子育てしていれば大丈夫そうだな

そうね。子どもの呼びかけにしっかりと笑顔で反応して、お世話をしたり、一緒に遊んだり、話しかけたりしていれば、たいていは大丈夫だと思うわ

ただ、お世話をしていても、子どもを叱ってばかりいて、全く褒めないは精神的虐待にも入るの。また、直接子どもに何かしていなくても、激しい夫婦げんかや暴力を繰り返し目撃させることも脳の未発達の原因となるわ

要は、子どもが嫌がることや悲しむことはしちゃいけないんだな

そうね。ちなみに❷と❸は少数派なケースだと思うけど、❶については私の経験上、案外珍しいケースではないわよ。

発達トラウマ障害と思われるような症状を見せる子の家庭環境が、何かしらの理由で親子で過ごす時間が少なかったり、きょうだいの中で親が気にかける差ができてしまったり、親の心の余裕がなくて子どもに冷たく接してしまったりということはよくあったわ。

子どもに愛情を注ぐ余裕がなかったのかな

そうだと思う。保護者の方も子どもを愛する気持ちはあるんだけど、上手くいかず悩んでいたわ。そういう家庭には子どもだけでなく、家庭全体への支援が必要になってくるわね

発達トラウマ障害の6分野にわたる発育障害

愛着が結ばれないと脳が未発達になるということはわかった。脳が未発達になると、具体的にどんなことが起こるんだ?

6つの分野にわたって発育障害が起こってくるわ。(6分野すべてが起こるわけでない)簡単に解説していくわね

❶生理的発達が遅い

脳や体が小さいことが往々にして起こります。

虐待のニュースで子どもの身長や体重が平均よりもかなり下回っているなんてこと聞きますよね。

❷感情の調整が困難

5歳までの安定した愛着の形成で、例えば子どもは自分の気持ちを調整して「泣き止む」ことを覚えます。

これは、親が子どもをあやすことで、交感神経と副交感神経の使い方を教えてきたのです。

しかし、愛着が結べていない子は、感情の調整をして自己治癒ことができないのです。

私も過去に関わった子どもたちで、感情の調整と自己治癒が非常に苦手で、一度嫌なことがあって怒ったり泣いたりすると、しばらく全然立ち直れないという子が時々いました。

家庭環境も把握していたので、保護者の方にお願いして、その子と関わる時間を増やしてもらうと、その傾向が少し和らぎました。

しかし、しばらくして親子の関わりが元に戻ってしまうと、またその子も元に戻ってしまうというのを繰り返しました。

この子たちは、愛着障害等の診断がついていたわけではありませんでしたが、親との関わりが感情の調整と自己治癒に大きく関わることを教えてくれました。

❸行動の抑制が困難

往々にしてADHDと間違われます

脳の前頭前野が発達すると、自制能力がつき、衝動的な行動を抑えて、「待つ」「耐える」ができるようになるのですが、愛着が結べていない子どもは、前頭前野が未発達になってしまいます。

そのため、「多動」という症状がみられるようになります。

先天的である発達障害と違うので、状況により多動が起こったり起こらなかったりします。

多動が起こる状況とは、「緊張ホルモンが過剰分泌される」状況です。なので、唾液から調べることができます。

一方、先天的であるADHD(発達障害)は、遺伝的なものであり、脳の前方帯状回が未発達ため、多動が起こります。

このように脳の未発達の場所や緊張ホルモンの関係も異なるので、投薬も変わってきます。

❹認知が歪む

知的発達の遅れや認知のゆがみが見られます。

具体的には、自己否定的で、自分に自信がありません。

人間関係や人生に対しても否定的です。

これについても私の体験ですが、親との関係が薄いと思われる子で非常に自己否定的な子がいました。

「自分には絶対できない。できるわけがない」

と、こんな小さな子どもが自分のことをこんなに否定的にみているのかと驚いたことがありました。

❺自己の確立ができない

「一人の人間として尊重される」という経験をしてきていなので、自分と他人の境界線が確立されていません。

もっとくだいた言い方をすれば、自分を自分として尊重して、他者を他者として尊重するということを知りません。

なので、往々にして被害者や加害者になりやすいというという面があります。

❻自意識の統合ができない

5感からの情報が処理できず、自分が何をしているのかわからないときがあります。

❸で説明した通り、行動の抑制が苦手で、忍耐力や集中力が育っていないので、「考える」ことが苦手です。

音やにおい、友達の行動など、外からの刺激(5感からの情報)について「考える」ことができず、反射的に反応して突拍子もない行動をとることがあります。

以上がざっくりとだけど、発達トラウマ障害による発育障害の内容よ

知能面、精神面、身体面の全領域に影響するんだな

発達トラウマ障害の予防と治療方法

発達トラウマ障害の発育への影響はよくわかったよ。どうすれば子どもが発達トラウマ障害になることを避けることができるんだ?

予防っていう言い方は少しおかしいかもしれないけど、何より大切なのは「愛着の絆を結ぶ」こと

発達トラウマ障害は愛着形成の問題だもんな

そうね。もっと具体的に愛着の結び方を知りたければ、過去記事に詳しく書いてあるから、そちらを参照してもらえるとうれしいわ。学校の先生や支援者にもできることが書いてあるわ。

この「愛着を深める8つの関わり方」は、治療にも役に立つのよ

でも、愛着は0歳から5歳の間に形成されるんだろう?5歳より大きくなってしまったら、もう治療しても遅いんじゃないのか?ましてや脳なんてそんなに簡単に変わらないだろう?

確かに昔は子どものうちでないと脳は発達しないと考えられてきたの。しかし、今ではそれは間違いであったことが発見されたの。

親子が互いに望めば、何歳になってからも愛着は結び直せるし、それに伴って脳も発達していくことがわかったのよ。

そうなのか!じゃあ、治療と言うのは…

そう!「愛着を結び直す」ことよ。治療の一つに「育てなおし」というのがあるの。簡単に事例を紹介するわね。

3歳の子どもが虐待で保護され、里親に預けられました。

里親に預けられてから、絶対安心できることを確認できると、その子は「赤ちゃん返り」をはじめました。

おむつをはいたり、哺乳瓶でミルクを飲んだり、まるで0歳児の赤ちゃんのようです。

その様子を里親は決して否定せず、子どもが満足するまで付き合ってあげます。

そうすることで、乳児と大人の間に結ばれる愛着が芽生え、正常な発育段階に進んでいったのです。

本当に「育てなおす」んだな!

そうね。この例では里親が愛着を結び直したけれど、もちろん実親と子どもで結び直すことも可能よ。

「子どもが最近不安定なんだけど、私たち親があまり構っていないからかしら…」という場合でも、先ほど紹介した「愛着を結び直す8つの関わり方」をやってみることがおすすめよ

まとめ

以上が「後天的な発達障害」と呼ばれる「発達トラウマ障害」の解説よ

本来の発達障害とは全然違う障害なんだな

あ、今更なんだけど、実は「発達トラウマ障害」ってまだ正式な診断名じゃないの

え!そうなのか!?

またそれについては記事にしていこうと思うけど、この「後天的な発達障害」を説明する上でとても有用な概念だから、今回は解説に使わせてもらったわ。

気になるな…

それでは今回のまとめにいくわね!

まとめ

【発達トラウマ障害とは】

  • 0歳から5歳くらいまでの間の育てられ方に反応して起こる、愛着形成の障害
  • 愛着が形成されないと、成長すべき脳が未発達になってしまう

【発達トラウマ障害の原因】

  1. 育児の放棄や、保護者から基礎的な快感や刺激、愛情表現に対するニーズを満たしてもらえなかった
  2. 保護者が何度も変わって、安定した愛着関係を築く機会があまりなかった
  3. 特定の保護者と愛着を結べる機会があまりなかった環境で育てられた

【発達トラウマ障害の6分野にわたる発育障害】

  1. 生理的発達が遅い
  2. 感情の調整が困難
  3. 行動の抑制が困難
  4. 認知が歪む
  5. 自己の確立ができない
  6. 自意識の統合ができない

【発達トラウマ障害の予防と治療】

発達障害と発達トラウマ障害の違いを理解して、本当にその子に必要な支援ができるといいな!