ぽこぶろぐ
アドラー心理学を学ぶママの子育て雑記ブログ
家事テクニック

物が激減!でも満足。いらないものを捨てられない脳から、捨てられる脳になる5ステップ

この記事では、もったいなくて捨てられない人間だった私が、捨て脳を育てたことで、服を捨てまくって、最後はお気に入りの服だけ集めたクローゼットにすることに成功した5つのステップを紹介します。

みなさんは、今の部屋の状況に満足していますか?

  • すっきりとした素敵な部屋にしたいのに、できない
  • 物があふれて収納できない
  • 毎日の片付け時間を減らしたい
  • 服がたくさんあるのに、着る服がない
  • 服を選んだり、物を探すのに時間がかかる

正に私がこの状態でした。きれいな部屋にあこがれているのに、現実がまったく違う。他にやりたいことがあるのに、片付けに時間がとられて嫌。おしゃれな服で外に出たいのに、いつもイマイチで恥ずかしい…何年もずっと悩んできました。

そんな悲しい部屋に終止符を打つ第一歩は、すばり物を減らすことです!

いやーその減らすが難しいのよ。捨てるのってもったいなくて

そうなんですよね。しかし、私は最近突然物をどんどん捨てることができるようになってきたのです。

一体何をしのかというと、捨て脳(捨てられる脳)を育てることです!

ええ!脳を育てるの!?どういうこと!?

この記事では捨て脳を育てる5つのステップについて解説します。捨て脳を育てることで、

  • 物を捨てられる人になる
  • 捨てるのが嫌だからこそ、物を大切にするようになる
  • 本当に必要か、ほしいのかと、物を値段でなく、自分にとっての価値で考えられるようになる
  • まとまった時間をとらなくても、短時間で長い期間をかけて少しずつ物を減らしていくことができる

今回の5つのステップは私の実体験を基に解説します。

私の場合、とにかく着ていく服がない!!ダサい服しかない!!というのがとても嫌だったので、ゴールを「お気に入りの服ばかりが並ぶクローゼットにする」と定めました。

そのため、お気に入り服だけが並ぶクローゼットになるアイディアも書いていきます。

捨て脳を育てる5つのステップ

ステップ1 自分にとって重要度の低いものを捨ててみる

まず、自分にとって重要度の低いものを捨ててみてください。なんでもいいです。

私の場合、レジ袋がスタートでした。

15リットルくらいの大きな袋、2袋にぱんぱんに入っていました。

  • もったいない!
  • まだ使える!
  • 捨てたら必要になって後悔するかも…

という気持ちで大量にとっておいてありました。

しかし、とっても嫌でした。狭い部屋でレジ袋の存在感が際立ち、圧迫していました。おしゃれじゃありませんでした。そして意外と使わず減らないのです。

このという感覚と素敵な部屋にしたいという憧れが原動力となり、レジ袋を捨てることにしました。

100均でかわいいストッカーを買って、これに入るだけと決めて、入らない分は捨てたのです。自分にとってそんなに重要度が高くないため、もったいないという引っ掛かりはありつつ、比較的簡単に捨てることができました。

すると、こんな変化がありました。

  • 量が減ったため、レジ袋の置き場所をキッチンに移すことができた
  • ストッカーに入れたことで取り出しやすくなった
  • お買い物バックを活用し、なるべくレジ袋を増やさないよう心掛けるようになった(捨てるのはやっぱり少し悲しいから)
  • 量が5分の1ほどになったが、全く困らない。平気。
  • ストッカーがかわいくてお気に入りになった
  • とにかく見た目がすっきり!かわいい!快感!!!

このレジ袋を捨てて片付けた経験をしたことで、私は自分の頭がすーっとする感じがして、とても快感を感じていていることを、たまたま強く意識しました。

これが、捨て脳を育てる大切な第一歩でした!!!

この後もレジ袋と同じような手順で自分にとって重要度の低いものを捨てていきました。

  1. 嫌な気持ちがするところに手を付ける
  2. とっておく量を決める
  3. 快感を脳に刻む

ちなみに私はこの後、何日かかけて何かに使えそうなビン、靴下、ポイントカード、文房具、使っていないスキンケア用品などを捨てていきました。

すると、どんどん脳が快感を覚えてきます。その時に嫌だなと思う場所を見ると、「ここの物を減らせばまたあの快感が味わえる!」とどんどん快感を味わいたくなってきたのです。

  • 自分の憧れとのギャップや、嫌な気持ちをしっかりと意識する→片付けへの原動力
  • 片付けた時の快感を脳に刻むように意識する

 ステップ2 自分にとって重要度の高いものを捨ててみる

今回の私の事例では、ゴールが「お気に入りの服だけが並ぶクローゼットにする」なので、このゴールに向かってステップを進めていきます。

捨て脳が育ってきた私は、今度は服があふれたクローゼットや洋服ダンスを見て、すっきりときれいになったクローゼットを想像しました。

そして快感を味わいたくなりました。

とうとう今まで捨てられなかった服を捨てることに着手できたのです!

手順はステップ1と同じです。

まず、嫌なところを考えてみました。

  • 値段だけで買ったけど、好きな服ではない
  • もう似合わない
  • 着心地が良くない
  • 使い勝手が悪い
  • 汚れや色あせ
  • 服があふれていて片付けない、見た目が汚い
  • 服を選ぶのに時間がかかる
  • あまりぱっとしない服を着ると恥ずかしい

たくさん出てきました。本当にひどい服のラインナップでした。快感が味わいたくて仕方なくなりました。

そして次に、捨てる基準を決めて捨てていきました。

  • 古い
  • 似合わない
  • ときめかない
  • 着たいと思わない

この時、捨てるかどうか決めきれないグレーゾーンがあってもOKです!現段階で捨てられるものを捨てます。

さらに捨てながら、コート類、スカート類など、新たに揃えたい服のジャンルを考えました。

また最終的に何枚の服で過ごしていくか考えました。片付け本を昔から読み漁っている私は、その経験から、はじめに収納の7割程度に収めることを目指し、最終的には2015年のベストセラー「フランス人は10着しか服を持たない」に倣って、10着程度に収めることを目指すことにしました。

まだこの時点では理想のクローゼットになりきれていませんが、量が減ってすっきりしたことで快感を感じることができました。

  • 手順はステップ1と同じ(①嫌な気持ちを意識→②捨てる基準を決める→③快感を脳に刻む)
  • 理想のゴールを具体的に考える。そのために新たに必要なものは何か考える。

 ステップ3 理想を叶えるために必要なものを用意する

「お気に入りの服だけが並ぶクローゼット」を作るために、私には「お気に入りの服」が必要でした。しかし、手持ちの服はイマイチなものばかり…そこで大好きな買い物に行くことにしました!

私は服については困っていないわ

という方もいらっしゃると思いますが、ざざっと目を通してみてください。どの物を買う時にも共通する大切なことがあります!

しかし、そもそも買い足す必要がなければ買い足す必要はありません。ここで「買っていいんだ!」と思って無駄なものを買うと意味がなくなってしまいます。

私は、20歳前後の時は雑誌を読んだりして、自分のなりたいスタイルや着こなしなどを考えて服を買っていました。ところが、働き始めてからは忙しさにかまけてファッションの勉強をすることなく、雰囲気や値段だけで買っていました。

その結果、自分がどんな服が似合うのか、そもそも自分がどんな服を着たいかのさえわからなくなってしまいました。

しかし、そんな私でも自分に似合うと思える、着たいと思えるお気に入りの服を手に入れることができました。ファッションに疎い人は、ぜひ参考にしてみてください。

大きなショッピングモールに行こう

ファッションに疎い人におすすめなのが、大きなショッピングモールです。

専門店がたくさん入っているので自分の好きなお店が見つかりやすいです。

この自分の好きなお店を見つけるというのがポイントで、一件好きなお店が見つけられると自分の好きなファッションの系統がわかります。そして、自分の好き服がいくつもみつかりやすくなるのです。

店員さんに聞きまくろう

好きなお店を見つけたら、自分でお気に入りの服を見つけてもいいですが、私は店員さんにごりごり聞きまくることをおすすめします!実際私も…

  • 組み合わせはどうしたらいいか
  • 使い勝手がいいのはどれか
  • 動き回るから、動きやすいものがいい

など、徹底的に聞きまくり、試着もしまくりました

そして、少しでも気に入らない点があったときは遠慮せず断わり、本当に気に入ったものを購入しました

購入する際のポイント

ここでファッションに疎い人の買う時のポイントです。

  • セール品は買わない→本当に気に入ったものだけを買う。気に入ったものが結果的にセール品なのはOK
  • 必ず試着する→後で着てみてがっかりは、タンスの肥やしになる
  • 見た目が気に入っても着心地が悪いと思ったものは買わない→結局タンスの肥やしになる
  • とにかく自分の気に入ったものだけを買う
  • 捨てた以上の枚数は買わない
  • 買ったら買った枚数以上捨てる覚悟で買う→これは意外と簡単。お店にある服の方が魅力的だから

このポイントは服だけでなく、他の物でも応用可能です。結局言いたいことは、物を買う時は自分にとって本当に価値のあるものを吟味して買うということです!

ステップ4 再び捨てる

買い物から帰ってきたら、買ってきた素敵な服と今までの服を比べてみてください

そして、今までの服が着たいか考えてください

私の場合、まず自分の家に自分の気に入った素敵な服があることに快感を覚えました。そしてそれをしっかりと意識して、脳に刻みました。

一方、今までの服を見ると、テンションが下がりました。テンションが下がる服があることの嫌悪感という正直な気持ちも意識をしました。

すると、新しく買ってきた以上の枚数の服を再び捨てることができたのです。

ステップ5 お気に入りの物に囲まれた中で過ごす

ここまで来れたらあとは、日常からお気に入りの物の中で過ごしていけるようにしましょう。

服で言うのであれば、枚数をキープしていきます。もしくは、さらに厳選をして枚数を減らしていくでもOKです。

私の場合、はじめの目標は収納の7割程度の枚数にすることでした。これはステップ4の時点で達成できました。

しかし、お気に入りの服がやってきたことで、毎日クローゼットの中を見ると、今までの服に感じていた執着がどんどん失われてきました。なので、今でも数日に1着は捨てています。クローゼットが洗練されていくことで毎回快感を感じているのです。

まだまだ時間はかかりそうですが、最終目標の10着に少しずつ近づいています。

そして、私のようなもったいなくて捨てられないタイプの人にお伝えしたいのは、残念ながらどんなに気に入っていても、服は消耗品と肝に銘じることです。服には流行もありますし、経年劣化もあります。

しかし、中には流行りすたりのない、長い間着られる服もあります。こんなお気に入りの服に出会えたら幸せですね。

メリット

私がこの方法で実践してきた中で感じたメリットです。

  • 物を捨てられる人になる
  • 捨てるのが嫌だからこそ、物を大切にするようになる
  • 本当に必要か、ほしいのかと、物を値段でなく、自分にとっての価値で考えられるようになる
  • まとまった時間をとらなくても、短時間で長い期間をかけて少しずつ物を減らしていくことができる

お片付けの神様、近藤麻理恵さんが私は大好きで、テレビや本を読んでいるのですが、彼女は短期間に一気に片付けようとおっしゃっています。しかし、私にはこれが実践できませんでした。

しかし、今回紹介した方法だと、長い時間をかけて確実に片付いていきます。そして物が増えなくなります。私にとってはこれが自分にとっての最適解でした。

デメリット

私がこの方法で感じたデメリットです。

  • ステップに買い物をはさむので、しっかり自分で価値を見極めるようにしないと逆に物が増えてしまう可能性がある。
  • 脳を育てながらやっていくので、一気に片付けるには向かないかもしれない。

まとめ

捨て脳を育てて、物の量を減らし、理想の暮らしを手に入れる5つのステップについて解説しました。

実際に自分がやってみて、捨て脳とは、単に物を捨てることができる脳ではなく、物を捨てて、理想の暮らしに近づいた様子を見て快感を感じられる脳のことだと気づきました。

捨て脳を育てる5つのステップ
  1. 自分にとって重要度の低いものを捨ててみる
  2. 自分にとって重要度の高いものを捨ててみる
  3. 理想を叶えるために必要なものを用意する
  4. 再び捨てる
  5. お気に入りの物に囲まれた中で過ごす

今回は、服の片づけで解説をしましたが、他の物でも応用可能です。憧れの暮らしがある!という方はぜひやってみてください。